【永久保存版】海外輸送に耐えられる最強梱包方法を徹底解説!ebayイーベイ輸出セラー必見!

ebay

こんにちは、ebay輸出で生計を立てている筋太(きんた)です。

悩める人
悩める人

ebay輸出で、商品が売れたけど、梱包方法が分からない。海外の配送はすごく雑って聞くから発送するのが怖い。オススメの梱包方法を教えて!!!

 

こんなお悩みを解決します。
  • 海外の配送状況にも耐えられる最強の梱包方法を知りたい方
  • 輸送中の商品の破損でリターンリクエストを受けたくない方
  • 顧客満足度を高めてリピーターを獲得したい方

こんな方に向けて記事を書いています。

 

この記事を書いている私は、これまでに1500件以上の商品を海外に発送してきました。

全て商品の破損もなく、無事にバイヤーの元に届いています。

そして、バイヤーから丁寧に梱包がされていると高い評価をいくつも受けています。

そんな私がオススメする、海外の配送状況にも耐えられる最強の梱包方法を紹介します!

 

実際に、本記事で紹介する方法で梱包を行うと、誰でも簡単に頑丈な梱包ができるようになります。

3分で読めるので、最強の梱包方法を知りたい方は、最後まで読んでくみてください。

海外輸出に耐えられる最強の梱包方法

頑丈な梱包を作るのに一番大事なポイントは、ズバリ「ダンボールの中に隙間を作らない事」です!

ダンボールの中に隙間を作らないようにすることで、商品のズレ防止につながり、輸送中の破損の危険性がグッと下げます。

段ボール内に隙間が空いていると、上から衝撃がかかった時にダンボールが潰れて商品の破損につながる危険性があります。

また、無駄な隙間をなくすことで段ボールのサイズが小さくなるので、送料の削減にもつながります。

 

商品はOPP袋に入れて防水処理をするべし!

OPP袋に商品を入れることで、雨や湿気から守ることができます。

また、袋に入っていることで見栄えが良くなりバイヤーからの評価も上がります。

OPP袋を購入する際は、必ずテープ付きを購入してください。

 

緩衝材(プチプチ)は2重巻きにするべし!

プチプチは2重巻きを徹底しましょう。

実際に梱包してみたらわかると思いますが、1重巻きでは心配になるぐらいペラッペラです。

2重巻きにしてやっとクッション性が出てきます。

コストは2倍かかりますが、リターンリクエストのことを考えると安いものです。

無駄な隙間は切って処理するべし!

ダンボールに梱包した商品を入れた時に、隙間ができると思います。

その隙間は切ってからダンボールを小さくしましょう。

極力隙間を無くして、商品のズレを防止しましょう

商品の周りにできた隙間は、プチプチで囲って埋めましょう。

新聞紙をクシャクシャにして緩衝材替わりに入れるのは見栄えが悪くなるのでやめましょう。
バイヤーの片付ける手間が増えて、悪い印象を与えます。

その他にも、段ボールを底に敷いて商品をストレッチフィルムで固定する方法もあります。

こちらは、スッキリしていて見栄えが良いです。

私はゲームや小物を梱包するときに、この方法を使用しています。

上記の工作用ダンボールを底に敷いて使用しています。

かなり強度があり、使い勝手がとても良いです。

 

OPPテープは「+」に貼るべし!

ダンボールの上面と下面を閉じるとき、OPPテープを縦に1本貼るだけでは、輸送中に抜けてしまう可能性があります。

写真のように、「+」の形になるようにOPPテープを貼り付けてください。

例外として、FEDEXやDHLの専用袋に入れる場合は、縦1本止めでも問題ありません。

 

テープの種類ですが、ガムテープよりもOPPテープをオススメします。

OPPテープはガムテープと比較すると約30〜40%(*)程度安価となっています。
テープお任せナビ調べ

また、OPPテープはガムテープより軽いので、1gの差で送料が変わってくる日本郵便を利用する方にはオススメです。

以上で、梱包は完了です。

ダンボールを振ってみて商品が動いてなければOKです。

 

まとめ:バイヤーから喜ばれる梱包をしよう

いかがでしたでしょうか?

はじめのうちは少し手こずるかもしれませんが、慣れてくればテレビを見ながら梱包できるようになります。

私は、この記事の方法を実践して、2年以上経ちます。

その間、バイヤーから梱包のことでクレームは受けたことはありません。

私のストアのフィードバックは、「美しい梱包がされていた」「日本人はとても丁寧に梱包をする」など嬉しい評価をたくさん頂いています。

結局のところ、ebay輸出は「どうすればバイヤーに満足してもらえるか?」を考えるのが1番大切だと私は思います。

満足してもらえれば、そのバイヤーはリピーターになってくれる可能性があります。

リピーターになってくれれば売り上げも上がり、両者WINWINの関係性が出来上がります。

是非、まずは基本を身につけて、それから自分なりにアレンジしてみてください。

 

 

【「iPhoneで商品を写真を綺麗に撮りたい!」という方にオススメ記事】

【トレカの梱包方法を知りたい!という方にオススメの記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました