【SNSで話題沸騰中!】アメリカ発の新感覚おもちゃ「GoPOP」ってなに?心ゆくまで遊んでみた!

雑記

アメリカの玩具メーカー Fox Mindの代理店、株式会社 Dream Blossomから2021年4月に発売された「Go POP(ゴーポップ)

「ポコポコ中毒には気をつけて!」を売り文句に世界中で人気を博しているようだ

日本でもTiktokを始めとしたSNS上で話題になっていると聞き、早速私もAmazonで「GoPOP」を購入したみた

「お店で入荷してもすぐ品切れになる」や「Amazonで品切れ中」などの噂を耳にしていたので、購入できるか少し不安であったが普通に購入できた。

 

早速届いたので27歳独身男性の私が1人で心行くまで遊んでいこうと思う。

やみつきになる気持ちよさ!無限プチプチができるぞぉぉぉ!!

今回購入したのは「GoPOP!(¥968税込)」タイダイ柄?という初めて聞く柄

早速開封していこう

どうやら4色が混ざり合った色のようだ

色の主張が激しすぎて、一際目立つ

本体はシリコンでできており、汚れても水や石鹸で洗うことができる

裏面に「高品質のシリコーンを使用」や「石鹸と水で洗える」と記載がある

シリコンなので「ホコリがつきやすいかな?」と思ったが、全然ホコリはつかない。

これにはびっくりした。

さすが高品質のシリコーンだ

パッケージ左下には押すな!と書いてある。

どうやら押してはいけないらしい

しかし押さなければ、この製品の存在価値がなくなってしまう。

これは恐らく「押すなよ!絶対押すなよ!」のアレだ。

ということで、早速バブルを押してみようと思う。

\ポコッ!/

この擬音が押した瞬間に室内に響き渡った。

まじでポコッ!!って鳴る。

これは気持ちいい

プチプチのプチッ!とは少し感触が違うが押し心地は「GoPOP」の方が断然気持ちいい。

さすが、「ポコポコ中毒に気をつけて!!」を売り文句にしているだけのことはある。

 

2人で対戦ゲームができる!

Go POP(ゴーポップ)」には、もう一つ遊び方がある。

それは対戦ゲームとして遊べるのだ!というか、こっちがメインの使い方だと思う

裏面に遊び方が書いてある。

なるほどなるほど。

1列の中にあるバブルを好きな数押していき、最後のバブルを押した人が負けというルールのようだ。

私でも理解できた。

内側には詳しいルールを書いているようだ。

…….

意味が分からない

私が低学歴だから理解できないのだろうか

この図が分かりにくいのだろうか。

10分はルールを読んでいた。

そしてやっと理解できた。

ということで早速遊んでいこうと思う。

……

「友達いないんだった。」

(1人でも楽しく遊べました。)

 

人気で類似品が出回っている

Go POP(ゴーポップ)」で検索すると、類似品がたくさん出てくる。

類似品は押し心地が悪かったりと、評判の良くないレビューが書かれていたので購入する際は注意が必要。

パッケージ右上にもデカデカと正規品であることを主張している。

コチラが「GoPOP」の正規品。

バリエーションが豊富

今回、私が購入したタイダイ柄以外にもカラーバリエーションが豊富

  • イエロー
  • グリーン
  • パープル
  • イエロー
  • ブルー
  • タイダイ柄
  • ティールグリーン

他にも、四角形や六角形のGoPOPも販売しているようだ。

まとめ:小さい子供から大きい子供まで遊べる!

結論!バブルを押すのはクセになる!

小さい子供は、お父さんやお母さんと対戦したら楽しいと思う。

数手先を読まなければ勝てないので、脳みそがフル回転する。

子供の発育に良いかもしれない。

大きい子供は、パソコンの前で右手はマウス、左手はGoPOPで決まりだ。

きっと時間を忘れてポコポコしている。

以上!

Go POP(ゴーポップ)」が気になる方はリンク貼っておくので試しに購入してみてね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました